ドライマウスの口臭治療とは?ドライマウスでも口臭を治すには?

口臭の発生には様々な原因が考えられます。実は口臭とは、私達の健康に非常に密接に関係しているのです。胃や腸に何か異常があると、口臭となって表れてしまうのです。しかし、中には単純に、口の中の異常が原因で、臭いが発生してしまう場合があります。

口の中に直接の原因がある場合、それは大きく二つに分かれます。まず、歯に問題がある場合です。歯磨きなどを怠った場合、虫歯菌を繁殖させてしまいます。虫歯菌は酸を放出し、口内の物質を分解させる際に臭いを発してしまいます。

そして、もう一つの原因はドライマウスによる口臭です。ドライマウスとは、口内が乾燥してしまう症状です。国の中が乾いてしまい、口から嫌な臭いを感じてしまった経験もあるのではないのでしょうか。

お口の悩みから解放!1日5分で口臭・歯周病・口内炎を改善

ドライマウスはどういった症状か

ドライマウスとは、口内乾燥症と呼ばれる症状です。日本全国では、およそ800万人がドライマウスを訴えています。ドライマウスになってしまうと、口の中がネバネバして、口臭が発生してしまいます。口臭の原因の多くがこのドライマウスに起因していると言われています。

何か特別な病気の作用で、口内が乾燥するということ以外にも、単純に口の中が乾燥してしまうことをドライマウスと呼ぶのです。広義においては、特別疾患に認定されているわけではないのです。これら口内を乾燥させる原因は、唾液量が低下するために起きてしまいます。実は、ドライマウスが口臭の原因となってしまうのは、唾液が大きく関係しているのです。

口臭と唾液の関係

    口内で口臭を発生させてしまう原因物質は大きく3つ挙げられます。歯にまとわりついてしまう歯垢、そして虫歯菌や歯周病菌、そして舌苔です。実は、唾液とは、これらの口臭発生物質を洗い流してくれる働きをしています。特に舌苔や歯垢は、毎日口の中に発生してしまいます。唾液をたくさん出すことが、これらの物質を洗い流し、抑制につながるのです。

ドライマウスになってしまう原因

ドライマウスになってしまう原因はいくつか考えられます。しかし、ドライマウスとは、ただ単純に空気が乾燥していたから、口の中が乾くというものではないのです。いくつか原因があって口内乾燥が引き起こされます。

薬の成分が乾燥を引き起こす

私達は、様々な薬を服用します。それは風邪薬かもしれません。また、栄養剤かもしれません。そんな薬の副作用が、唾液量を抑制させてしまう可能性があります。中には精神安定剤や、抗うつ剤のように神経に作用する物もあります。そのため、唾液させる機能に影響を与えてしまう恐れもあります。

ストレスの影響

現代社会では様々なストレスを感じてしまうものです。仕事をしていれば、プレッシャーを感じてしまう時もあるでしょう。ストレスというのは、自律神経というものに影響を与えるものです。自律神経は唾液の分泌をコントロールしています。唾液を分泌させて、ドライマウスを抑制するためには、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

病気による影響

身体のどこかに疾患を抱えてしまうと、その影響が唾液の分泌に影響します。特に腎臓。胃腸、肝臓などの重要な器官が正常に作用しないと、身体の水分の量などを上手くコントロールできなくなってしまいます。脱水症状が酷くなってしまうと、生命維持にも支障が出るので、特に注意が必要なのです。

ドライマウスの口臭を治すには

ドライマウスの口臭を治すためには、様々な方法が考えられます。中には、ドライマウスを改善させるための薬もありますが、やはり副作用が心配です。また、頬などをマッサージすることで、唾液腺を刺激して唾液の分泌量を多くするという方法なども紹介されています。

ドライマウスになってしまうと、食事の際に食べ物を上手く咀嚼することもできません。また、口臭が発生してしまったら、自分自身も嫌な思いをしてしまいます。

口臭の予防は、マナーとしても大切なことです。しっかりと口臭対策を行い、綺麗な吐息を取り戻しましょう。

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

身体の芯から口臭治療!最短3日で出来る体質革命プログラム

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ