歯周病とは?歯周病で口が臭くなる原因・口臭が発生する原因

人が口臭を発生させてしまう要因はいくつかありますが、中でも口の内部に原因があり、直接口腔から臭いを発してしまう場合があります。

口の内部から臭いを発してしまう原因の一つに歯周病があります。歯周病菌は動脈硬化などを引き起こすとされ、心筋梗塞や脳梗塞との関係も指摘されている病気です。

この歯周病になってしまうと、歯周病菌が増殖し嫌な臭いを増大させてしまうのです。歯周病は放置しておくと、歯の健康に大きな影響を与えてしまいます。口臭を改善させるためにも、歯周病についてよく理解をしておきましょう。

お口の悩みから解放!1日5分で口臭・歯周病・口内炎を改善

歯周病とは?

歯周病とは、歯周病菌と呼ばれる細菌により、歯や歯茎が炎症を引き起こしてしまう病気です。人間の口の内部には、健康な状態でも数百の細菌が存在してします。

しかし、口の内部を清潔に保っていないと、細菌は歯の表面や歯茎に堆積し、炎症を引き起こします。歯茎が炎症を起こしてしまうと、出血や化膿が進行します。膿が発生してしまうことも、口臭の一要因となっています。

口臭の元となる膿を治療するには?膿が原因の口臭を治すには?

歯茎が炎症で柔らくなり、最悪歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は、普段の生活の中で十二分に注意しなければいけない病気なのです。

歯周病で口が臭くなる原因・口臭が発生する原因とは

歯周病になってしまうと、歯周病菌が口の内部の食べかすや粘膜、他の細菌などを分解する際に悪臭が発生してしまいます。これが歯周病による口臭の原因です。

また、歯茎の炎症に伴う化膿は、内部に膿などの死んだ細胞を発生させます。これらは歯周病菌と結びつき、悪臭を発生させてしまうので、どんどん悪循環が始まってしまいます。

歯周病菌が作り出す悪臭

    歯周病菌が他の物質を分解する際に発生してしまうのが、揮発性脂肪酸や揮発性硫黄化合物と呼ばれる物質で、人間に不快感を与える臭いの原因です。他にもアンモニアなど、20種類に及ぶ悪臭物質が発生してしまうことが確認されています。

これらは、卵の腐敗臭、魚などの腐乱集、生ごみの臭いなど、いずれも人間が生理的に嫌悪する臭いばかりです。歯周病が進行すればするほど、臭いもきつくなってしまうので、早めに治療をすることが求められます。

このように、歯周病に感染してしまうと、口の内部に発生してしまった歯周病菌が、口内の細胞や食べかすを分解する際に悪臭を発生させてしまいます。歯周病は、歯茎や歯に重大なダメージを与えてしまう恐れがありますので、早期に対処することが大切です。

歯周病を放置しておくと、臭いはどんどんきつくなり、周囲の人間に不快感を与えてしまう恐れがあります。人間関係や、自分自身の口の健康のためにも、歯周病にならないように、常に口を清潔に保つことが大事なのです。

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

身体の芯から口臭治療!最短3日で出来る体質革命プログラム

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ