銀歯が原因の口臭を治療するには?金歯が原因の口臭を治すには

口臭の原因の多くは、虫歯や歯周病によって発生しています。また、歯垢や舌苔など、口の中に発生する物質が歯の周辺に溜まって、口臭を発生させる場合が大変多いのです。口臭の原因をこれらの代謝物や歯の病気のせいだと考えている方も多いのです。

しかし、口内から発生する口臭は、銀歯や金歯などの被せ物が原因で発生していることもあります。あまり知られていませんが、金歯や銀歯によって、口臭が酷くなるケースもあります。

では、銀歯や金歯によって発生する口臭は、どのように治療したらいいのでしょう。また、銀歯や金歯による口臭を治すことは可能なのでしょうか。

お口の悩みから解放!1日5分で口臭・歯周病・口内炎を改善

銀歯や金歯の場合は口臭になりやすい

口の内部から口臭が発生してしまう際、考えられる理由はいくつかあります。口臭の原因の最たるものの一つに虫歯が挙げられます。虫歯は、虫歯菌が繁殖して、歯を溶かし、菌が酸を発生させて、悪臭物質を生成します。これが虫歯による口臭です。

虫歯を治すためには、虫歯に侵された歯の部分を削り取らないといけません。虫歯菌はどんどん繁殖していってしまうので、早急な治療が必要です。治療の際に、削り取った部分に詰め物をして、掘削部分を保護するのが金歯や銀歯です。

口臭の原因は銀歯?金歯・銀歯が口臭の原因となる理由とは

多くの方は虫歯を治療した後なので、虫歯は再発しないだろうと考えています。しかし、元々金歯や銀歯で保護している歯は、虫歯などの治療を行った歯であり、虫歯菌・もしくは歯周病菌に侵されやすい歯だと言えます。

また、金歯や銀歯とは、本来そこにあるべき歯を削り取り、異なるものを差し込んだ状態にあります。歯と銀歯・金歯の間には隙間ができる場合も多く、段差や空隙ができやすくなってしまいます。

そのため、銀歯や金歯の周辺にはポケットと呼ばれる、歯垢や食べかすなどが堆積しやすい環境になってしまいます。口臭原因物質が逆に堆積しやすくなり、口臭が発生しやすくなっているのです。

口臭の原因が良く分からず、内臓や鼻炎などを疑ってみたという方もおり、よくよく調べてみると、銀歯や金歯などの周辺に歯垢が堆積し、口臭を放っていたというケースもあります。金歯や銀歯に治療をした際は、口臭が発生しやすい状態にあるということに注意しなくてはいけません。

銀歯や金歯が原因の口臭を治すためには

銀歯や金歯による口臭とは、銀歯・金歯などの被せもの周辺に口臭の原因となる物質が、多く堆積して発生する口臭です。本来、銀歯や金歯自体から口臭となる悪臭が直接発生しません。銀歯や金歯の口臭を治療するには、周辺に堆積した口臭原因物質を取り除く必要があります。

通常、銀歯や金歯などの被せ物をする際は、歯科医が最新の注意を払って、隙間のできないように、段差ができないように施術してくれます。しかし、完全に隙間や段差を埋め合わせることはできません。銀歯や金歯を被せた後には、より丁寧に歯磨きをする必要があります。

また、施術から時間が経過した時点で金歯や銀歯から悪臭が発生した場合は、糸状のようじや歯間ブラシなどを利用しましょう。通常の歯ブラシでは、歯の隙間にブラシが当たらず、堆積物を除去できない場合があります。そのため、歯の隙間の掃除ができるグッズを活用しましょう。

歯磨きで口臭は防げる?歯ブラシの選び方・歯磨きの方法とは

銀歯や金歯の方場合は、口臭を治すためには、被せもの周辺を特に綺麗に清掃してあげることが必要です。歯垢が堆積すると歯石となり、歯周病を誘発させてしまいます。歯垢は細菌を繁殖させる物質でもありますので、虫歯などを再発させてしまう恐れもあります。

銀歯や金歯は、既に治療が完了した歯だと放置するのは大変危険です。銀歯や金歯の歯から口臭が発生してしまった際は、それが虫歯や歯周病発生のサインです。また、これから発生するリスクが非常に高いことを示しています。

銀歯・金歯の口臭の予防や治療は、虫歯や歯周病を予防することでもあるので、しっかりとブラッシングを行うようにしましょう。

たった3日間で口臭を改善!ある簡単な方法で驚きの口臭効果

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ