胃からくる口臭とは?胃が原因の口臭・内臓が原因の口臭とは

厚生労働省の発表によると、日本人の口臭の原因の大半が口の内部にあるものだとされています。しかし、口臭には体の内部に原因があるものもあります。肺などの吸気器官や腸や胃の異常が原因で口臭が発生してしまう場合があるのです。

通常、口臭は口の中に原因があると認識している方も多くいます。しかし、口臭の原因は多岐にわたっており、様々な発生理由があるのです。直接口の中に口臭の原因があるもの以外では、腸や胃の異常が原因で口臭を発生させてしまう方が多いとされています。

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

胃からくる口臭とは?

人間の体は口から胃、腸まで繋がっています。しかし、胃からくる口臭とは、胃内部の臭いが、直接口まで逆流してくることは通常ありえません。体の内部には弁があり、通常は胃内部にある臭いや消化物の逆流を防いでくれています。

しかし、ストレスや病気により弁の機能が低下してしまう場合があります。弁の機能が低下すると胃液・胃酸が逆流してしまい、臭いが口まで及んでしまうケースがあります。

また、胃の消化機能が低下すると、口臭が発生してしまうこともあります。胃からくる口臭には特徴があり、乳製品や卵が腐敗したような独特の臭いがします。このように、胃からくる口臭とは、いずれも胃の機能低下により発生してしまうものなのです。

胃からくる口臭の原因とは

胃からくる口臭の原因とは、胃の機能低下が理由で発生します。胃の働きが鈍くなると、食べ物の消化が完全に行われなくなります。消化が不完全になると、胃内部で発酵していまい、強い異臭を放つのです。胃内部に発生したこれらの臭いは、血液に浸透し、肺から吐き出されます。

胃の負担の軽減がとても重要です。胃の機能を低下させるのは、暴飲暴食とストレスです。他にも過剰なアルコール摂取や喫煙も胃機能の低下につながります。

また、胃に負担がかかると、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などになってしまいます。いずれも消化不良を引き起こし、卵の腐ったような臭いを発します。

胃の口臭対策とは?口臭効果の高い胃腸おすすめ対策とは

胃からくる口臭で注意すべきこと

胃からくる口臭は、日々の健康管理によって改善できる可能性があります。食生活を見直すと、胃の健康を維持できます。胃を大切にすると、口臭の抑制がつながるのです。

胃に負担をかけてしまうと、胃潰瘍や胃炎などになってしまう可能性もあります。すると、さらに口臭が強くなってしまいます。胃からくる口臭の場合、胃に疾患がある可能性が高く、胃の異常を長く放置しておくと、最悪胃がんになってしまうこともあります。

胃から来る口臭を改善させるには、不規則な生活を見直し、胃を健康に保つことが大切なのです。

たった3日間で口臭を改善!ある簡単な方法で驚きの口臭効果

お口の悩みから解放!1日5分で口臭・歯周病・口内炎を改善

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ