歯磨きで口臭は防げる?歯ブラシの選び方・歯磨きの方法とは

口臭が発生してしまうと、周囲の人間に迷惑をかけてしまうだけではなく、発症してしまった人自身も大変ショックを受けてしまうものです。そのため、口臭が発生しないように、常日頃から口臭対策を行う必要があるのです。

私達が毎日の生活で実践ができる、口臭の対策は歯磨きです。口臭の原因の多くは口の内部から発生してしまいます。そのため、口の中を綺麗に維持しておくと、口臭の発生をの予防に繋がります。

特に、虫歯菌や歯周病菌が発生してしまうと、歯そのものや歯茎にもダメージを与えます。放置しておくと、さらに口臭がきつくなってしまう場合があるのです。口臭を予防するために、歯磨きは大変重要な役割を果たしているのです。

お口の悩みから解放!1日5分で口臭・歯周病・口内炎を改善

意外と正しく実践していない歯磨き

私達は、幼い頃から歯磨きの方法を学びます。場合によっては、幼稚園、小学校の低学年の時に、指導を受けたという方もいるはずです。しかし、大人になっていけば行くほど、その手順を忘れ、正しい歯磨きの仕方を実践している人は少ないのです。

歯磨きの目的は、歯の表面に堆積したプラークや歯垢を綺麗に清掃することにあります。そのため、歯の健康を保つため、毎日行う必要があります。しかし、しっかりと歯磨きが実践できていないと、歯垢が積もり、やがて堆積していって歯石となります。また、歯垢は様々な雑菌が堆積してしまいます。虫歯菌や歯周病菌が繁殖してしまうのも珍しくありません。

虫歯菌や歯周病菌は、口臭の発生源の最たるものです。虫歯菌は酸を発生させ、歯が溶かされる際に、非常にきつい臭いとなってしまいます。また、歯垢自体も様々な菌が繁殖し、臭いを発してしまいます。そのため、歯磨きを行うのは口臭の対策に非常に有効な方法です。

歯ブラシの選び方と正しい歯磨きの方法

歯磨きをする際は、ただ適当に歯ブラシを使って、歯を磨けばいいというものではありません。適切な歯ブラシ、適切な方法を用いて、初めて口臭の予防が行えるのです。

歯ブラシを選ぶポイント

現在市販されている歯ブラシには、様々な種類があります。現在は、歯ブラシの種類も、細い・太い、固い・柔らかいなど様々選べます。注意しなければいけないのは、あまり固い種類を使用しては危険だという点です。ブラシが硬すぎると、歯の表面を傷つけてしまいます。歯に傷がついてしまうと、その部分に歯垢やプラークが溜まりやすくなってしまいます。あまり力を入れて磨くことは、控えたほうがいいでしょう。

正しい歯磨きの方法

歯磨きを行う意味は、歯の隙間や表面に付着した汚れを取り除くことです。上手く、これらの汚れを取り除くためには、歯一本一本を磨いていくようにしましょう。奥歯から前歯にかけて、一気に磨いてはいないでしょうか。前歯も奥歯も、一本一本磨くようにしましょう。

また、歯ブラシをあまり大きく動かすのは効果的とは言えません。5mmから10mm程度の間隔で、細かくブラシを動かすのがコツです。電動歯ブラシなどを使用すれば、細かく磨くこともできますが、ご自身の手でも十分効果的な歯磨きを行うことができます。

さらに、歯にかける歯ブラシの圧力にも気をつけてみましょう。表面を撫でる程度の力しかかけていなかったり、力いっぱいの圧力で歯を磨いていては、あまり効果がありません。

口臭の対策は原因に合わせて行うことが重要

現在、口臭予防ための様々なグッズが販売されています。しかし、気軽に実践できる予防策は、口臭を根本的に改善させることが難しいという場合が多いのです。口臭を無くし、元の吐息を取り戻すには、口臭を根本から改善させる必要があります。

口臭対策グッズとは?口臭対策に効くおすすめグッズの効果とは

口臭の原因を作らないために、口臭物質の発生を抑えるために歯磨きはとても有効です。しかし、歯磨きだけで口臭が全て改善されるというものではありません。なぜなら、口臭の原因は、歯に関係のないところから発生している可能性もあるからです。

歯磨きは、毎日適切な方法と歯ブラシで行えば、虫歯菌や歯周病菌などの口臭物質の発生を抑制する効果があります。しかし、それだけですべての人の口臭が改善されるわけではありません。

確かに歯磨きを毎日行えば、非常に大きな予防効果になります。しかし、万能と呼べる口臭予防対策ではありません。人それぞれで口臭の理由は異なり、身体の内部や、鼻炎などの理由で発生している場合もあります。口臭対策は、それぞれの原因に合わせて実践しなくてはいけないのです。

身体の芯から口臭治療!最短3日で出来る体質革命プログラム

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ