口臭の原因とは?口が臭くなる原因・口臭が発生する理由とは

口臭が発生してしまう原因は様々です。起床時や緊張状態に置かれた際に発生してしまう生理的口臭や、強い臭いを発する食べ物を食べた際に発生してしまう外因的口臭などがあります。

口臭が酷い場合、人間関係や周囲の迷惑にもなりかねないので、しっかり対策することが必要になります。そのためには、しっかりと口臭の原因を理解しておく必要があります。

口臭の対策を進めるうえで、口臭の原因を知ることは非常に重要です。効果的な口臭対策を進めるためにも、しっかりと口臭の原因を知っておく必要があるのです。

たった3日間で口臭を改善!ある簡単な方法で驚きの口臭効果

主な口臭の原因とは

厚生労働省によると、口臭の原因の80パーセントが口の内部に原因があるとされています。おおよそ一般的に口臭は硫化水素やメチルメルカプタンという物質によるものです。これらの物質は、唾液や食べかすが分解されることにより発生します。

つまり、口の内部に付着している物質から口臭が発生しているのです。また、身体の内部的な原因も存在します。大部分は、代謝性疾患とされており、身体の代謝を正常に戻すことで改善できる可能性があります。

さらに、アンモニア臭や、腐敗臭がする場合、腎臓や腸などの特定の部位に異常が発生しているということも分かります。

口が臭くなる原因とは?口臭を発生させる物質

口臭の大半は、人間の口の中に問題を抱えています。そこで、口臭を発生させてしまう物質や症状の一部を紹介いたします。

歯周病

歯周病は口臭の大きな原因になっています。歯茎の部分から出血などを起こしてしまうと、その部分が化膿してしまい、臭気を発します。

虫歯、歯垢、歯石

歯垢は、口の内部に発生する物質で、歯の表面などに付着します。それが長時間放置されると、虫歯になり、また歯垢が堆積して歯石になります。これらは独特の臭気を放ち、放置すると臭いも強くなっていきます。

舌苔

舌苔とは、下の表面に付着する白、もしくは黄色い物質のことです。これらは細菌の集合体であり、体調によって量や臭気も変化します。

唾液

唾液からも口臭は発生ます。しかし、唾液本来の働きは、口の内部を浄化させることです。この唾液の量が減少してしまうと、口内に細菌が繁殖してしまい、口臭が発生します。唾液の量は精神状態などに左右されます。

口の内部には様々な物質が形成されます。身体の内部、吸器官や内臓による口臭とは異なり、口の中を清潔に保つことで口臭を改善できる可能性があるのです。

そのため、歯や歯茎を清潔に保つことで、臭いの発生源となる歯垢を除去し、口臭を軽減させることができます。また、意外と見落とされがちなのが舌で、舌苔を除去することによっても口臭の改善が見込めます。

口内を綺麗に保つことは、口臭の予防や対策だけではなく、歯周病などの予防にもつながりますので、毎日の生活の中でしっかりと歯磨きなどをすることが大切です。

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

身体の芯から口臭治療!最短3日で出来る体質革命プログラム

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ