子供の口臭を治療するには?子供の口の臭いの治し方とは

口臭に悩む方は全国に大勢の方がいらっしゃいます。口臭は人間関係にも影響を与える可能性があるため、成人になってから悩む方も多いのです。

しかし、口臭に悩むのは本人だけというわけではありません。近年は口臭が気になるという子供、子供の口臭について悩む親御さんが増えてきているのです。

特に子供の口臭は、いじめなどの深刻な問題にも発展しかねません。多感な年ごろの場合は、自分自身で悩みを心の内側に抱えてしまったり、引きこもりに発展してしまったりと、非常に重大な影響を及ぼす恐れもあるのです。

口臭は大人だけの問題ではなく、子供の頃にも十分に注意を払うべき症状なのです。

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

子供の口臭とは

口臭の原因は、大人も子供も大きな差はありません。口臭が発生してしまう原因は大きく分けて3つあります。それは生理的口臭、外因的口臭、病的口臭の3つです。

子供の生理的口臭

生理的口臭とは精神状態や寝起きの際の口臭を指します。子供の口臭に気がついた際、寝起きでしょうか、それとも何か緊張した状態におかれた際などでしょうか。これらは唾液の分泌不足による、一時的な口臭の可能性が大きいものです。慢性的に口臭が無いとすれば、生活環境の中で起こる、一時的なものである可能性があります。

子供の外因的口臭

外因的口臭とは、強い臭いの食べ物を食べた際に発してしまう口臭です。食べ物が消化されるにつれて、口臭は治まっていきます。これも一時的な口臭ですので、時間の経過とともに臭いは治まっていきます。

子供の病的口臭

子どもの口臭が酷く、また慢性的である場合は病的な要因が強いと推測ができます。それは虫歯や歯周病などです。子供の口臭の大きな要因として、歯磨きをしないなどの生活環境がこれを助長して口臭となってしまいます。親御さんは子供にしっかりと歯磨きなどをさせてあげるようにしなければいけません。

大人の場合は精神的なストレスや、胃や腸の疾患が原因で口臭に発展するケースも珍しくありません。しかし、それらは子供の場合珍しいケースです。口臭が気になった場合、まず口の中や虫歯などの病的な口臭を疑いましょう。

虫歯・歯周病による口臭と改善方法

子供が口臭を発生させてしまう要因としてまず疑うべきは、口の中の衛生問題です。大人の口臭の場合も同様ですが、口臭が発生してしまう原因の大部分は口の中にあります。特に大きな問題は虫歯などの歯の病気です。

子供の場合、歯磨きを上手くできずに、口の中に食べかすや歯垢が残ったままにしてしまう子が多いのです。そのため、虫歯菌が繁殖してしまい、酸を発生させて虫歯になってしまうのです。

虫歯は歯を痛めるだけではなく、虫歯菌により歯茎が炎症し、出血や化膿を引き起こす可能性もあります。これらの症状は口臭を強く発生させてしまいます。

歯磨きを徹底させる

虫歯菌は、口臭の最大の原因と言っても過言ではありません。歯は一生使える大事なものです。虫歯にならないためにも、親がしっかりと歯磨きを指導してあげましょう。

虫歯は、菌による疾患です。虫歯になってしまうと、歯医者などで治療しなければいけなくなってしまいます。歯医者に行きたくないというお子さんも多いと思いますので、虫歯にならないように、歯磨きを徹底させましょう

歯周病とは?歯周病で口が臭くなる原因・口臭が発生する原因

アレルギーによる口臭と改善方法

病的口臭のもう一つの要因として、アレルギーや風邪、鼻炎などが考えられます。特に鼻炎など、鼻に問題がある病気は、鼻水を発生させてしまいます。この鼻水が口臭と大きく関係しているのです。

子供の場合、鼻水をティッシュなどでかむのではなく、鼻を吸い、鼻腔の奥へと引き込んでしまいます。やがて鼻水は鼻腔から喉へと垂れていきます。

喉に溜まった鼻水は、水分が失われて凝縮されてしまい、臭気性の物質を発するようになります。口の中からではなく、喉の奥から臭いが放出されてしまうタイプの口臭です。

うがいと睡眠で予防

これらの病気は、うがいなどを行うようにしましょう。風邪などのウイルスを体内に侵入させないように予防が大事です。また、睡眠を多くとって自己治癒能力を高めてあげましょう。事前に予防という手段が最も重要です。

アレルギー性の鼻炎や、風邪の場合、耳鼻科行って診察してもらう必要があります。本来の鼻などの疾患と口臭は関係ないと思う方も多いかもしれません。しかし、鼻と口は繋がっており、大いに影響を与えるものなのです。

日頃からできる口臭対策

口臭の発生理由は、虫歯や鼻水など様々あります。しかし、依然として口臭の発生源は口の内部にある場合が多く、いずれも歯垢や舌苔など物質から発生します。

これらの物質を取り除くには、歯磨きをするのが一番ですが、一日の中で何度も何度も歯磨きを行うことは、現実的に難しいですね。そこで、口の中の歯垢や舌苔を取り除く習慣を身に付けると、口臭を改善させる可能性があります。

鼻呼吸から口呼吸へ

お子さんは、普段口呼吸をしていたりしないでしょうか。普段そこまで注視してしないというお子さんは、よく確認をしてみてください。口呼吸を続けると、口の内部が乾燥してしまいます。そのため、唾液が分泌されずに、口の中が清掃されず、臭いが凝縮されてしまい、口臭を発生させてしまいます。

よく噛むくせを身に付ける

食事の際などに、よく噛むくせをつけることも大事です。口を動かすと、唾液が多く分泌されます。結果、口の中に食べカスなどが残ってしまいます。
これらは細菌が付着し、歯垢になり虫歯の原因となってしまうものです。よく噛み、唾液を多く分泌させるように習慣づけましょう。

子供の口臭が気になったら

子供の口臭が気になったら、まずはその理由を探しましょう。口臭とは身体や口内のどこかに異常が発生しているということです。その上で対処をしなければいけません。

しかし、口臭の発生理由は様々です。病院などに行って治療をしたとしても長期に及び、完全に口臭を改善させることはできないかもしれません。

そこで、まずはパーフェクト・マウスケアを試してみてはいかがでしょうか。口臭を改善が期待でき、多くの方が実践しています。口臭の改善には様々な方法が考えられます。けっして病院に行くだけが正しい対処方法ではないのです。

口臭は、子供にとっても非常にデリケートな問題です。最悪の場合は、子供同士の進言関係にも影響を及ぼすこともあるのです。口臭が気になった場合は、早めに対処することが重要です。

身体の芯から口臭治療!最短3日で出来る体質革命プログラム

お口の悩みから解放!1日5分で口臭・歯周病・口内炎を改善

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ