口臭予防のお茶とは?緑茶・紅茶・お茶の口臭予防の効果とは

口臭は多くの方々が悩む症状です。特に大事な人と会う場面や、冠婚葬祭の場では口臭に気をつけなければいけません。

女性であれば、食事の後など臭いを気にする方は多いことでしょう。そんな口臭の予防方法の一つにお茶があります。普段身近にある緑茶、紅茶、お茶などを飲んで口臭の抑制が期待できるのです。

緑茶、紅茶、お茶などには多くの成分が含まれており、その効果も様々です。抗菌作用などもあるので、健康のためにもお茶は非常にいい飲み物なのです。

近年は特にお茶に含まれる効果に注目が集まっています。緑茶、紅茶、お茶を利用して、口臭の対策は行うことができるのでしょうか。

身体の芯から口臭治療!最短3日で出来る体質革命プログラム

お茶の口臭予防効果とは

お茶、特に茶葉から淹れるお茶には、口臭抑制に効果のある物質が多く含まれています。緑茶や紅茶は、加工方法が違うだけで、原材料は同じものからできています。

これらのお茶にはカテキンやフラボノイドという成分が含まれています。これらは口臭を抑制し、抗菌・殺菌作用により、口臭の発生源である細菌を取り除く効果があります。緑茶、などに多く含まれています。

口臭対策のお茶とは?緑茶・紅茶・お茶の口臭対策の効果とは

また、ハーブティーなども口臭予防に効果が期待できます。ハーブティーはその独特の香りが特徴的です。ハーブの香りは口臭を抑制するのに最適です。

緑茶、紅茶、お茶などを飲む行為は、水分補給という点からも効果的です。水分を摂取すると、唾液の分泌を促進します。唾液は、口の中の洗浄機能を持っているので、口臭の原因となる物質を洗い流してくれるのです。

お茶を用いた口臭予防で注意すること

緑茶、紅茶、お茶には、口臭の発生を抑制する効果があります。しかし、ただむやみにお茶を飲めばいいというものではありません。お茶を飲むと、かえって口臭を強くしてしまう場合も考えられます。

一つはカフェインの摂取です。お茶にはカフェインという物質が多く含まれています。カフェインは副交感神経を刺激し、口の中に粘度の高い唾液を発生させます。これが口臭の原因になってしまいます。

また、カフェインが多く含まれるコーヒーなどは、コーヒーの粒子が口の中に残りやすく、口臭の原因の一つになってしまいます。特に缶コーヒーなどは添加物が多く含まれているため、口臭が発生しやすくなるのです。

このように、口臭を抑制・予防する方法の一つにお茶を飲む手法が挙げられます。お茶に含まれる成分によって、口臭が改善されることもあるのです。

ただ、お茶を飲んでも一時的に口臭が改善されても、根本的な解決に至らない場合もあります。しかし、パーフェクト・マウスケアを取り入れて、口臭の改善が期待できます。

人間と精神状態と、カフェインと副交感神経の問題もありますので、カフェインの含有量の少ない、ハーブティーや麦茶・緑茶がおすすめです。お茶は健康にも大変いいので、より健康的な生活を送りながら、口臭対策を実践できます。

口臭の悩みを解決!特別な道具に頼らない驚きの口臭対策方法

たった3日間で口臭を改善!ある簡単な方法で驚きの口臭効果

口臭予防・口臭対策ランキング 体臭・わきが改善ランキング

このページの先頭へ